いぼ治療で代表的な治療方法!液体窒素でウイルスを徹底除去しよう

治療前より美しく

ウーマン

高い効果が期待できる

いぼが顔や首筋の目立つ位置に出来ると、痛みやかゆみはなくても目障りなので取り除いてしまいたいと考えているなら、皮膚科ではなく、美容外科で治療を受けることをおすすめします。もちろん皮膚科でもいぼの治療は可能ですが、美容外科で治療を行った場合は、いぼの除去だけでなく肌そのものを美しくすることができます。また、いぼの治療だけでなく、脱毛や痩身など他の施術も併せて受けることができるので、時間がない人でも短時間のうちに以前よりも美しくなれるのです。丁寧な対応を受けたいなら、患者さんの数を絞り、一人一人に時間をかけてくれる美容外科を選びましょう。美容外科ではカウンセリングにたっぷり時間をとってくれますし、患者さんの希望を出来るだけ叶えようと努力してくれるので、満足度の高い仕上がりになります。いぼの除去方法はさまざまですが、その中でもっとも患者さんの症状に適した方法を選んでくれるので、頼りにすることが出来ます。一般的な美容外科で行っているいぼの除去法は、レーザー治療で、再発しにくいので人気があります。患部の状態に合わせた最適なレベルのレーザーを照射し、ピンポイントで取り除くことが出来ます。レーザーはいぼには影響を与えますが、肌を傷つけることはないですし、出血も少なく、痛みも感じにくいうえに傷跡も残りにくいので、初めての方でも安心して受けられます。いぼの数や大きさ、種類によって個人差はあるものの、大体3ヶ月〜半年程度の通院で綺麗な肌になることが出来ます。料金はそれぞれ違っていて、1mmあたり2000円〜5000円とかなりの差があるので、出来るだけ安い費用で除去できるところを選びましょう。レーザー治療以外では多少痛みがありますが、液体窒素を使って焼切るという方法もあります。綿棒のようなものの先端を、マイナス196℃の液体窒素で凍らせ、いぼに押し付けて低温やけどを起こして除去します。やけどを起こした皮膚にウイルスが感染する恐れがあるので、そのためのケアも必要になります。ただし液体窒素が焼けるのは皮膚の表面だけなので、皮膚の奥深くまで根が張っているいぼの場合は再発する可能性があります。それを防ぐためには、液体窒素を根の部分まで到達させる必要があるので、何度も治療を受けなければならないこともあります。3ヶ月〜1年もの長い治療期間がかかることもありますが、液体窒素は保険が適用されることが多いので、レーザー治療に比べれば費用を抑えられます。痛いのは怖いので、薬で優しく治したい場合は、ヨクイニン、いわゆるはとむぎを処方されることもあります。ビタミンやミネラルなどの栄養成分を含んでいて、吹き出物の改善や免疫力の向上をサポートできるといわれています。ヨクイニンによる除去法は、西洋医学というよりも東洋医学の観点から免疫力を向上させて、いぼの原因菌の力を弱める方法になります。そのため効果を実感できるまでに時間がかかります。短期間でスピーディーにいぼを除去したいときは、レーザーや液体窒素による治療を受けるようにしてください。治療の流れや回数、料金などの詳しいことを知りたいときは、お近くの美容外科に相談するようにしましょう。

TOP