いぼ治療で代表的な治療方法!液体窒素でウイルスを徹底除去しよう

治療前より美しく

ウーマン

いぼを除去したいときは皮膚科よりも美容外科に行った方が丁寧な対応をしてくれるので、満足度の高い仕上がりになります。ヨクイニンのような薬で効果が出るのは時間がかかるので、レーザーや液体窒素による治療がおすすめです。

More Detail

施術方法は種類で決める

先生

液体窒素で美しく除去

美を阻害する体の悩みはたくさんありますが、自力でケアできないものといえば、いぼが挙げられます。発生したからといって体が悪い影響を受けることはありませんが、見た目が悪くなるので、できれば除去しておきたいものです。いぼの除去には様々な方法がありますが、美容クリニックで行われている代表的な施術は、液体窒素を利用した方法です。これは、マイナス196度の液体窒素をいぼに直接押し付けて焼き切るという方法で、意図的に低温やけどの状態を引き起こして患部を壊死させます。同時に、患部の下にある正常な皮膚に刺激を与えて再生を促すことができるので、高い治療効果が期待できるでしょう。画期的な治療方法ではありますが、この方法で全てのいぼを除去できるわけではありません。種類によっては液体窒素を使った治療は適さない場合があるので、まずは美容クリニックで医師に相談してみましょう。液体窒素を使った治療方法は、ウィルス性疣贅や扁平疣贅、足底疣贅に適しているといえます。疣贅というのはいぼのことで、ウイルス性疣贅はタコにも似ていますが放置すれば増殖するので、気付かぬうちに数が増えていたらすぐに除去しましょう。平らな形状をした扁平疣贅や足の裏にできる足底疣贅も放置すれば増殖してしまうので、気付いた段階で対処しておくことが大切です。反対に、顔や首にできる老人性いぼや、古い角質が原因で発生するスキンタッグは、液体窒素を使った治療は適していません。レーザー治療など他の方法を取る必要があるので、まずは種類を正しく判別しましょう。液体窒素を利用した治療方法は、具体的にはまず綿棒に液体窒素を着けて、数回に分けて患部に押し当てます。軽いやけどのようなチリチリとした痛みを感じることもありますが、激痛ではないので安心して下さい。この方法を繰り返すことで、きれいにいぼを除去することができます。除去した後には水ぶくれが発生しますが、これは正常な反応です。水ぶくれは2、3日で消えて、かさぶたができるでしょう。水ぶくれがなかなか引かないこともありますが、人によって術後の症状は異なります。焦らずに自然に肌がもとに戻るのを待ちましょう。痛みを感じたり、一週間以上水ぶくれが引かなければ、美容クリニックで医師に相談して下さい。かさぶたは自然に剥がれ落ちるので、無理に剥がさないようにしましょう。10日もすれば、肌は正常な問題に戻ります。まだ傷跡が残っていますが、この時点で再びいぼが発生しなければ完治した証拠ですので、術後10日間は様子を見ておくといいでしょう。術後は肌が弱くなっているので、特に紫外線を避けて過ごすことが大切です。弱っている肌に紫外線が当たると、色素沈着が起こってシミが発生する可能性が高くなるので注意して下さい。また、水ぶくれを潰したりかさぶたを無理に剥がすと、いぼがかえって大きくなるなど悪化してしまいます。10日間はガーゼや包帯で肌を保護して、安静にするよう心掛けましょう。美容クリニックから薬を処方された場合はきちんと服用して、術後はあくまで自然治癒に任せることが大切です。

美容外科をお勧めします

看護師

美容外科では、電気凝固法という方法でいぼの治療を行って下さいます。治療後に後悔しない為にも、信頼出来る医師やクリニックを選ぶことが大切です。経験や実績が豊富で、人柄の良い医師に執刀してもらうことをお勧めします。

More Detail

皮膚上の厄介ものを除去

レディ

顔や体に出来てしまういぼには様々な種類があり、美を損ねる原因となってしまいます。除去するための治療には、メスや電気メスによる切除、レーザーによる除去などが行われます。自分のいぼの形状をきちんと調べてもらい、適切な方法で治療を行いましょう。

More Detail

TOP